脱毛サロンで使用される脱毛機器の仕組みとは?

datumoukiki

脱毛サロンでは痛みが少なく、さらには肌にかかる負担が少ないフラッシュ脱毛という施術が行われます。この施術はムダ毛に「IPL」という光を照射するものです。

この光はメラニン色素に対してのみ反応するという性質を有しています。そのため肌に照射されても問題はなく、メラニン色素を含むムダ毛に対してのみ効果を発揮するのです。

この光がムダ毛に照射されると、毛根は熱を溜め込むようになります。そして何度か照射を繰り返すと毛根は熱によって弱りはて、毛穴に留まることができなくなります。
その結果ムダ毛と一緒に抜け落ち、脱毛が完了するのです。

同じような方法でムダ毛を脱毛する施術で、レーザー脱毛というものがあります。この施術でも脱毛サロンで使用される「IPL」と同じような作用を有する光が使用されます。

しかしレーザー脱毛で使用される光の威力は非常に強く、ムダ毛を作り出す組織そのものを破壊することができます。そのためレーザー脱毛は永久脱毛が可能なのです。

永久脱毛は医師免許を有している医師が存在する美容機関でのみ行うことのできる施術です。そのため医師のいない脱毛サロンではこの光を発する機械は使用できません。

しかし脱毛サロンでのフラッシュ脱毛には様々なメリットが存在します。まず光の威力が抑えられているために、施術中の痛みは非常に小さなものです。

また永久脱毛には至らないものの、ムダ毛を作り出す組織そのものが弱るために施術後に生えてくるムダ毛は細く、弱々しいものです。そのため施術後のムダ毛処理を非常に楽に行うことができます。

最近ではこの「IPL」を照射できる家庭用脱毛器が販売されており、人気を得ています。もちろんこのようなものを使用すればセルフ脱毛が可能となりますし、コストも抑えることができます。

それでも自分では手の届きにくい場所や見えない場所を脱毛するときなどは上手に光を照射できないことがあるために、脱毛にムラが生じてしまいます。

また毛根に熱を加えてムダ毛を脱毛するために、肌にはそれなりの熱が加わります。この熱は肌に刺激を与えたり、乾燥を引き起こすことがあります。

脱毛サロンではプロのエステティシャンが肌の状態を確認しながら施術を行ってくれるために、安心して施術を受けることができます。

また肌にはメラニン色素が沈着してしまうこともあります。たとえば肌の日焼けはメラニン色素によるものですし、毛穴を定期的に刺激したりアトピー性皮膚炎が色素沈着を招くこともあります。

このような異変にエステティシャンは即座に気づき、ふさわしい対処を行ってくれます。

しかしセルフ脱毛の場合、こうした状況に気づかずに脱毛器を使用してしまい、肌を傷めてしまうことがあります。

「IPL」を発する脱毛器は非常に便利で安全性の高いものですが、使用法を間違えると肌にダメージを与えてしまうのです。そのためこの機械を上手に使いこなすエステティシャンがいる脱毛サロンでの施術は、安心できるものと言えます。

冒頭でも述べたように、この光はメラニン色素を含むものに対して効果を発揮します。つまり皮膚上に生え出ていないムダ毛に対しては効果を発揮することができないのです。

ムダ毛には毛周期があるために、全ての毛穴から常にムダ毛が生えているというわけではありません。そのため「IPL」の効果を見るためには、全てのムダ毛が生え出るまで待つ必要があるのです。

脱毛サロンでの施術に時間がかかるのはこの理由によります。当然のことながら家庭用脱毛器であれ、医療脱毛機関のレーザー脱毛であれ、この条件は同じです。

そのためムダ毛をきれいに脱毛するにはそれなりの時間が必要であることをしっかりと心に留めておくべきです。

おすすめ記事:脇の脱毛について解説。効果や痛み、サロン選びまで

カテゴリー: 未分類 パーマリンク